保険が適用になるワキガ治療法にはどんな種類があるの?切らない対処法はある?

ワキガのにおいが気になるようになると、なんとかしてにおいを抑えたいと思うものです。

しかし、治療を受けるとなると、大きな費用がかかるのではないかと不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

ワキガ治療には、保険適用になる治療があります。

ワキガは病気ではなく体質の問題ですが、においが気になって精神的に追い込まれてしまうこともあることから、ワキガ手術には保険適用が認められているのです。

保険が適用されるかどうかということは、クリニックによって異なります。

最近は、美容外科や美容クリニックなどもワキガ治療を行っていますが、自由診療しか認めていないところが多いです。

保険が適用されるクリニックで治療を受けたいと思っている方は、事前に確認をしてから治療を受けたほうが良いでしょう。

また、保険が適用できるかどうかは、医師の判断も必要になります。

医師は、アポクリン汗腺の確認、または嗅覚によってワキガであるかどうかを判断します。

嗅覚には個人差があるので、医師によって保険が適用できるかどうか判断が異なる場合があります。

確実に保険を使って治療を受けたいと思っている方は、アポクリン汗腺を確認することでワキガと判断してくれるクリニックを選んだほうがよいでしょう。

ワキガ治療法にはいくつかの治療法があります。

剪除法は、脇の皮膚を数cm切開し、アポクリン汗腺を切除していく手術方法です。剪除法のメリットは、においの元になるアポクリン汗腺を確実に除去できるので、半永久的にワキガを解消することができるという点です。

しかし、切開をするので、傷跡が残ってしまったり、リスクを伴うという点が剪除法のデメリットとしてあげられています。

剪除法は、保険適用の対象になる治療法です。

治療は受けたいけれど、切開には不安があるので、切らない手術を受けたいという方には、ボトックス注射という治療法があります。

ボトックスには汗を抑える作用があるので、においの元になる汗を抑えることができます。

ボトックス注射のメリットは、ボトックスを注入するだけなので、安全性が高くダウンタイムの必要もありません。

しかし、ボトックスの効果は半年ほどなので、効果がなくなるとまたにおいが起こるようになるという点がボトックス注射のデメリットです。

また、 ボトックス注射は保険が適用されない場合がほとんどです。

保険適用かどうか、メリット、デメリットをしっかり比較をして自分に合う治療法を選びましょう。

※施術内容および料金に関しては、当サイトが独自に調査したものです。内容は変更される場合がありますので、施術前に必ず各医院でご確認ください。