ワキガに効く薬にはどんな種類がある?

ワキガは、主に脇の下からでる汗に含まれる物質が皮膚の表面に存在する常任菌により分解されることで鼻につく独特の強い臭いを発する体質のことをいいます。

医療機関で治療をするのもいいですが、恥ずかしくて行けないという方も多いです。

まずは、病院に行く前に市販の薬を使って自分で改善がどの程度できるのか試してみるといいです。市販のものといってもたくさんの種類があります。

まずは一番手軽で簡単なのはワキガに効く石けんです。石けんは完全に治療するものではありませんが、あまりひどくないワキガですとこれで改善できることがあります。購入するときに石けんに含まれている成分の中に、ワキガ菌を雑菌する成分であるイソプロピルメチルフェノールが入っているものを選びます。

次に塗るタイプのクリームがあります。クリームの成分にみょうばんが入っているものをおすすめします。みょうばんが入っていることで、脇に塗り広げたときに薄い膜をはってくれるので雑菌が繁殖するのを抑えてくれます。また臭いの元であるアンモニアを中和してくれるので悪臭の元も抑えてくれます。

次に制汗スプレーがあります。成分に塩化アルミニウムが入ったんものを選ぶことをおすすめします。塩化アルミニウムには、みょうばんより強い制汗作用があり、汗の管を閉鎖して汗をしっかり止めてくれる働きがあります。

このような市販のもので改善しなければ医療機関での診察になります。

医療機関では内服薬と外用薬が処方されますが、一番良く処方される臭化プロバンテリン抗コリン剤です。

主に多汗症に使われる薬で、人間の汗が分泌されるのはアセチルコリンという神経伝達物質の働きで起こります。この臭化プロバンテリン抗コリン剤には、この神経伝達物質のアセチルコリンを抑える働きがあります。

これを内服することにより汗がとまるので強い臭いを防いでくれます。外用薬として処方されるのは塩化アルミニウム用液です。また漢方でも治療することができます。

漢方により体質の改善を目指します。

主に汗を抑制し、多汗による汗の分泌を抑えワキガの発生を防ぐ効果があるものや、自律神経のバランスえることでストレスからくる多汗症を抑えるものや、汗の質や量を正常な状態にととのえるもの、脇の下の反感を抑えて、きつい臭いそのものの発生を抑制するもの、ホルモンのバランスの乱れを整える働きがあり、更年期などによるのぼせやホットフラッシュで発汗する場合の臭いの予防に適しています。

※施術内容および料金に関しては、当サイトが独自に調査したものです。内容は変更される場合がありますので、施術前に必ず各医院でご確認ください。