自宅で出来るワキガ治療とは?レーザー治療は効果あるの?

ワキガ治療には自宅で行える方法もあります。それは紫外線の殺菌効果を応用したものであり、UVを含む特殊な光を照射することで症状を緩和できるとされています。

メリットは比較的安価に機器を購入できることです。市場価格が数千円程度となっていますので、コストがかからず気軽にトライできます。

ワキガ対策としてだけでなく、水虫の改善に使えるのもメリットでしょう。UVは水虫の原因菌にも作用すると言われていますので、悩みになりやすい問題を同時にケアしていくことができるのです。

デメリットは将来的な副作用の懸念があることです。肌への影響を考慮した弱い紫外線を照射するため、安全に使えるとされているものの、しかしながら長期的に使用した場合のリスクには不明な点もあります。

確実性がないのもデメリットと言えるでしょう。ユーザーの中には効果があったとする声もあるものの、一方では効果がなかったと感じる声もあります。あくまでも家庭レベルでの対策にしか過ぎませんので、劇的な効果をもたらしてくれるとも限らないのはマイナス点と言えるでしょう。

確実にワキガを改善するには、病院での専門治療を受けた方が良いと言えます。例えばレーザー治療ですと値段が10万円程度となっていますので負担としては大きくなってしまうものの、しかしながら専門治療による劇的な効果を望めるのは大きなメリットです。ワキガの原因になっている汗腺を破壊することができ、その効果も実証されていますので、家庭での対策とは明らかに異なる効果を実感できることでしょう。

そして元から臭いの発生源を解消することができるため、将来においても症状に悩まされることがなくなるのです。再発をしてしまうリスクが低いですから、確実性を求める人は病院での治療を選択しておけば失敗が少ないと言えます。

しかし病院を利用するにあたりデメリットもあります。まず再発するリスクがゼロなわけではないことです。可能性は低いものの、それでも100%の成功率でもなく、特に技術の低い病院を選んでしまうとまた症状が出てしまうこともあるのです。医師の腕によって結果が左右されますから、しっかりと選んだ上で利用しなければいけません。

副作用として他の部分からの汗が気になるようになる可能性もあります。ワキ部分の汗腺を破壊すると汗の行き場がなくなってしまいますので、それまで気にならなかった部分からの汗が気になることもあるのです。

※施術内容および料金に関しては、当サイトが独自に調査したものです。内容は変更される場合がありますので、施術前に必ず各医院でご確認ください。